Webカメラシステム

ネットワーク接続装置を使った同一構成で、さらにL2TP/IPSECを使って、スマホからVPNに接続できるようにしたものに、2000円程度のWebカメラを接続して、監視カメラネットワークシステムを構築しました。

監視カメラネットワーク・イメージ
監視カメラネットワーク・イメージ


IPHONEやANDROIDのスマホを使って、VPN接続すれば、以下のスマホ画面のように、遠隔地を確認することができます。

スマホの遠隔監視
スマホの遠隔監視

ネットワーク接続装置を使った監視カメラネットワークの構成例

構内無線システム
ラズパイを無線ACCESSポイントにします(構内無線システム)

システムを構成する機器

  • 現在使っているパソコン

  • 古くなってセキュリティ問題などで、使っていないパソコン
    ※ Windowsが使えない場合は、フリーソフトのLinuxを使います

  • Raspberry PI

    ※ ラズベリーパイは、英ラズベリーパイ財団が開発した超小型コンピューターです。
    ※ メールソフト、Webブラウザーなどを使えるもので、Windowsパソコンの代用にも使えますRaspberry Pi 4 Model B 本体 ¥ 7,000円ほど
    Raspberry Pi 3 ModelB+ 本体 ¥ 6,000円ほど
    Raspberry Pi 3 ModelA+ 本体 ¥ 3,300円ほど
    Raspberry Pi Zero WH 本体 ¥ 1,800円ほど

  • Amazon Web Services (クラウドサービス)

    ネットワークを構築するために、Amazon Web Services (クラウドサービス)を使います。

    現在、デモシステムを運転中で、初年度は無料枠内で収まっている。
    2年目以降、稼働1台であるが、監視端末からの監視のトラフィックで500円/月、程度を予想。
  • 構築場所のネットワーク

    構築場所のネットワーク回りは、既存の有線LAN/無線LANを利用します
    既存ネットワーク使用せずに、別ネットワークを用意することもできます

機器費用概算

ケイエスワイ Raspberry Pi 4 Model B 4GB スターター キット V2 32GB   ¥11,440円
ケイエスワイ Raspberry Pi 3 Model B+ スターター キット V2 16GB     ¥7,975円
ケイエスワイ Raspberry Pi 3 Model A+ スターター キット V1 32GB      ¥7,150円
ケイエスワイ Raspberry Pi ZERO W Official Simple Kit            ¥2,750円
iBUFFALO マイク付USB-120万画素カメラ HD720p対応(BSWHD06M) ¥1,200円
1000BASE-T対応 USB3.0接続LANアダプター              ¥2,420円

(例)

クラウドシステム構築 + ラズパイ3B 3台 + 事業所1箇所     ¥57,525円
クラウドシステム構築 + ラズパイ3B 6台 + 事業所2箇所     ¥99,970円

ラズパイ  +  Webカメラ +(クラウド=Amazon Web Services)
∈ ネットワークシステム

Windowsパソコンとスマホでライブ映像を見れて、構築費用も安価


概要はこんな感じ

0.Webカメラクラウドシステム概説

システムの管理をするために、SoftEther管理マネージャーをインストールします。

1.SoftEther管理マネージャーのインストール①

1.SoftEther管理マネージャーのインストール②

クラウドに接続するために、SoftEtherClient をインストールします。

2.SoftEtherClientのインストール①

2.SoftEtherClientのインストール②

ラズパイカメラシステムのIPアドレスを調べるために、SoftEther管理マネージャーを操作します。

3.SoftEther管理マネージャーでIPアドレス調査

Chromeブラウザのお気に入りに、カメラシステムの設置場所を登録して、映像をすぐ確認できるようにします。

4.Chromeブラウザのお気に入り設定

スマホからも確認できます。

5.監視場所をスマホから確認

6.USBメモリからLinuxを立ち上げる

普段使っているパソコンを監視カメラに代用する(USBメモリLinux)

7.スマホから映像を確認する

8.VirtualBoxで監視カメラを動かす

普段使っているパソコンを監視カメラに代用する(VirtuaBox)

9.いらなくなって使わなくなったスマホを監視カメラに使う

監視カメラを代用するスマホは、電話はできなくなっていますが、Wi-Fi機能はまだ使えますので、Wi-Fiを使ってインターネットを超えて通信します。スマホの画像を見る仕組みは、Webカメラ・クラウドシステムのVPN部分からWi-Fiからの通信を受けます。この構成であればスマホ通信の料金はかかりません。

10.監視カメラシステムのプログラムで、どんなことができるか説明